コミックス

かしこまりました、デスティニー (上)【ネタバレ感想】さちも

かしこまりました、デスティニー【ネタバレ感想】さちも
あらすじ

御曹司の東條葵(とうじょうあおい)は、同じく御曹司の西園寺次郎(さいおんじじろう)と幼い頃とあるパーティーで出会い、運命を感じる。
しかしΩの葵を受け入れることができない次郎は、葵を突き放す――。
“運命”に翻弄されるオメガバース物語、上巻!

 

著者 さちも
レーベル ポーバックスTHE OMEGAVERSE PROJECT COMICS
出版社 ふゅーじょんぷろだくと

試し読みあり

 

下記よりネタバレあり。ご注意ください。

全体評価

物語
絵柄
助平

カップリング

ヘタレ御曹司・西園寺次郎【α】×非の打ち所がない元御曹司・東條葵【Ω】

ネタバレ感想

オメガバースもののBLで、イチオシの『かしこまりました、デスティニー』シリーズ!
運命に翻弄されるイケてるメンズたちの物語。こちらはシリーズ一作目になります。

『第1話』Ωでも負けない葵

言わずと知れた(?)オメガバースの世界。簡単に言うと…α=スパダリ、β=モブ、Ω=妊娠不可避、そんな世の中です(ざっくり)。
そして主人公の東條葵(とうじょうあおい)は、御曹司でありながら【Ω】。しかもΩという理由だけで生家を追い出されます。容姿端麗で優秀なのになんて可哀想!
もう付いてくる必要もないのに、葵付きの執事・宮内(みやうち)と共に生家を後にします。

BL式部
BL式部
この葵付きの執事・宮内は優秀なのに【β】。美形すぎてまったくモブβに見えません。

そうして葵と宮内が身を寄せることになったのは、昔馴染みの財閥・西園寺家。しかしそこの御曹司・西園寺次郎(さいおんじじろう)は、Ωの葵を嫌います。そして次郎付きの執事・久遠(くどう)も、葵と宮内を疎ましく蔑みます。

BL式部
BL式部
ちなみに次郎も久遠も【α】。葵のΩフェロモンに正直ビクビクしてます。

それでも辛い居候生活に耐えて、執事見習いにチャレンジする葵。その健気さで久遠とも打ち解けてきたころ、葵が発情期に!!近くにいた久遠はαながら必死で自分を抑えて、葵を部屋に閉じ込め立ち去ります。
すると今度は、同じく葵の発情フェロモンに引き寄せられた次郎が部屋に!!葵も理性が効かなくなっているせいで、部屋の鍵を開けてしまいます。

『第2話』運命に逆らう次郎

全裸待機で続きが気になるところですが、その前に次郎&葵の幼少期の回想。αなのにポンコツヘタレな次郎は、Ωなのに何でもできる葵に嫉妬してます。
だからこそ次郎は、葵に“運命”を感じて惹かれていく現実が受け入れられず…。葵を嫌ってたんですね。
そしてお待ちかねの続き!!やっぱり運命の番(つがい)だった次郎と葵、いままで抑えてきた欲望が爆発してヤりまくります。
しかし情事後、甘いピロートークは無。代わりに葵は「オレは従者として傍にいられるだけでいいから、次郎は家のために他の方と結婚を…」と、自分の恋心を胸にしまうことを次郎に告げます。
次郎もコレを受け入れて、葵との“運命”に打ち勝つことを決意。そして葵は、助けにきた宮内に保護されます(このとき宮内は、ドロドロになった葵を見てすべてを察し…苦渋の表情)。
こうして一波乱あったあとも執事見習いを頑張る葵。その姿を見てポンコツαの次郎もやる気がおきて、非ポンコツのヘタレへ成長します(笑)
でも次郎は葵と接する時間が増えてまたムラムラ。こんどこそ欲望(運命)に打ち勝とうと思った矢先、次郎は家のために婚約者を選べと親に言われます。

『第3話』当て馬に尻を叩かれる

ヘタレ次郎は葵との運命を断ち切るために、婚約者とデート。でもヘタレすぎて逆に婚約者から「無理すんなって」と言われてしまう始末(笑)
そして執事の久遠からも背中を押されて、やっと葵を好きな気持ちに正直になろうと決めた次郎。急いで葵のもとに向かいます。
ところが時すでに遅し!一足先に葵に告白した宮内に「運命とか関係なしでも、葵をゲットできたぜ」と、言われてしまった次郎!だが安定のヘタレなんで何も言えず。
こうして迎えた次郎の婚約発表の日。最後に男気を見せた次郎は、すでに決まっていた婚約者ではなく葵の手を取り、公開プロポーズ!!次郎のポエム力と葵の聡明さで、周囲に認めてもらいます。
その晩、やっと自分の気持ちに正直になった次郎は葵と二度目のエチ!次郎は葵が愛しすぎて首に噛り付きます。
そんな幸せになった葵を想い「葵様の幸せが私の幸せ」と、言い切る宮内。ヘタレな次郎の尻を叩くため、わざと当て馬になったようです…。宮内様、おありがとうございます。

『ごめんあそばせヒエラルキー』

次郎の婚約者になった葵。従者から主に変わっても超性格がイイので、これまで通りフランクに接してくれるよう執事・久遠に頼みます。
久遠も慕ってくれる葵の存在が嬉しくてたまらない様子。

『女王蜂』

婚約してから初めての発情期がきた葵。待ってましたと言わんばかりに次郎もスタンバイ。首を噛んで番になる気まんまんです。
ところがいざそうなったら葵のフェロモンがヤバくて、獣のようになってしまった次郎。首は噛めたものの、主導権は完全に葵に掌握されたのでした。

まとめ

ヘタレ攻めがお好きの方はぜひ!個人的にタイトルは、【かしこまりました、デスティニー (次郎の成長物語)】でいいんじゃないっすかね?(笑)
とにかく、ひたむきに頑張り続ける葵タンが健気で可愛いです。そりゃ宮内も守ってあげたくなるし、久遠もほだされるのも分かります。

試し読みあり

気になるBLがきっと見つかる