コミックス

いつか恋になるまで(上)【ネタバレ感想】倉橋トモ

いつか恋になるまで【ネタバレ感想】倉橋トモ
あらすじ

小さい頃から何をするでも一緒の千秋(ちあき)と和馬(かずま)。
大人しくて頼りない千秋を守るのが和馬の役目だったが、思春期になって千秋はたくましく成長して――。
『家族になろうよ』の前日譚。少年時代の恋の始まりを描く、上巻。

著者 倉橋トモ
レーベル バンブーコミックス moment
出版社 竹書房

試し読みあり

 

下記よりネタバレあり。ご注意ください。

全体評価

物語
絵柄
助平

カップリング

性格地味イケメン(学生)・千秋×マイルドヤンキー(学生)・和馬

ネタバレ感想

『第1話』幼馴染への好奇心

千秋(ちあき)と和馬(かずま)は幼馴染。ショタ時代のふたりはある日、卵型の遊具を見つけてそこをふたりの秘密基地にします。
そして時は流れて中学3年生になったふたり。もうひとりの幼馴染の女のコ・巴(ともえ)と3人仲良く学生生活を送っています。
そんな兄弟のような3人の関係は、頼りなくて地味な千秋を強気な和馬と姐さん気質の巴が守ってるカンジ。お姫様1人、王子様2人的な(笑)
そんなある晩、和馬の家に泊りにきた千秋が隠れて自家発電しているのを発見した和馬。優しい顔に似合わずビッグなソレに興味が沸いてお手伝いします。
でもいつの間にか共同自家発電になって、フィニッシュのとき和馬にキッスした千秋。「つい勢いで…」と言い訳しつつ、千秋はコッソリ赤面します。

『第2話』たとえ意味がない行為でも…

そして半年後――。高校1年生になった3人は仲良く同じ高校に進学します。この頃になると、ナヨナヨしていた千秋は背が伸びてイケメンに。
これで守ってもらう必要がなくなっても、千秋は和馬にベッタリ。でも和馬に彼女ができたことでジョンボリな日々を過ごす千秋。
んまぁ、その理由は『第1話』の共同自家発電からふたりの触り合いっこがお決まりになっていて…。千秋だけがその“意味のない行為”に縋り付いるからなんですね…。

『第3話』嬉しくて想いが爆発!

実は和馬も彼女ができてから、千秋と巴と一緒にいる時間が減ってテンション上がらず。それでも毎年幼馴染3人で行っていた夏祭りを彼女と行くことになります。
すると夏祭りでバッタリ千秋に遭遇!ところが千秋は、和馬(&彼女)を見るなりその場から走り去ります。
心配になった和馬は彼女をひとり残して、千秋を探しに思い出の秘密基地へ。すると、まさか和馬が来てくれるとは思っていなかった千秋は動揺!(だがニヤリ。)
抑えていた感情が爆発して和馬にキッス&「好きだ」と告白します。

『第4話』あれ?俺の幼馴染、スゲーいい男じゃん?

突然の千秋からの告白に「そんなふうに見れない」と拒否してしまった和馬。でも彼女のことなんて忘れてしまうくらい、千秋のことばかり考えてしまいます。
そして改めて千秋を男として見てみた和馬は、そのイケメン具合にドッキドキ!いままでなんとなく千秋と触り合いっこしてたことが急に恥ずかしくなります。
と、そこに巴姐さんが現れて和馬の背中を後押し!ナイスな喝を入れられて、和馬は千秋と向き合ってみようと決意。「俺がお前のこと好きになるまで、俺のこと好きでいろよ」と千秋にキッスします。

BL式部
BL式部
もちろん千秋にこう伝える前に、和馬は彼女と別れました。そして引っ叩かれました(笑)

『第5話』和馬の考えの上をいく千秋の想像

事実上、もう付き合ってる状態になったふたり(笑)千秋の魅力に気付いた和馬は、もうノリで触り合いっこができないくらい千秋にドキドキしてしまいます。
千秋の方も和馬大好きオーラ全開で、学校中の女子がお通夜モード(笑)和馬しか見ていません。
そしてついに和馬から「すき」という言葉が!!待ってましたと言わんばかりの千秋は「俺が想像してたこと全部したい」と、誘ってきた和馬にウルウルの目でお願いします。
これに応えた和馬はいままでよりだいぶネットリした触り合いっこでフィニッシュ。ところが千秋はそれだけでは足りず、やんわり尻にタッチしてきて…!!??
未知の世界にうろたえる和馬に「そんなに焦ってないよ」と、男前にフォローする千秋。(ほんま優男やでェ。)とりあえず今日のところは、和馬の尻は無事でした。

まとめ

最っ初から千秋が和馬オンリーラブでモエます。もうマジで和馬しか目に入っていません(笑)視野の狭さが肉食動物並です。
そして幼馴染の巴姐さんがイイ味出して、関係の行き詰ったふたりのキューピットになってくれてます。姐さんマジ神ィ!!
は~、美少年同士の淡い恋物語…最高です。

試し読みあり

気になるBLがきっと見つかる