コミックス

スニーキーレッド(1巻)【ネタバレ感想】たなと

スニーキーレッド【ネタバレ感想】たなと
あらすじ

平凡なフリーター・三崎(みさき)はある日、【近所の奴】に因縁を付けられ殴り合いの喧嘩に。
それからというものその人物に執拗に狙われ、最近では一方的に殴られる日々を送っている――。

 

著者 たなと
レーベル onBLUE comics
出版社 祥伝社

試し読みあり

 

下記よりネタバレあり。ご注意ください。

また、この作品は半端なく受けが攻めにボコボコにされます。
趣味じゃない方はマジでUターンしてください。

全体評価

物語
絵柄
助平

カップリング

インテリDV男・釧路春政×ドSの嗜虐心をそそる男・三崎隼斗

ネタバレ感想

『第1話』殴られたい

フリーター・三崎(みさき)は、バイト先に最近マスク姿で出勤しています。
その理由は最近よくわからん【近所の奴】に会うたびに殴られているから。ひー!マジで鼻血出てるぞぉぉい!!
初めのうちは三崎も殴り返していましたが、今はそれもせず何故かやられっぱなし状態。
そうしていつしか三崎は気付いてしまいます。そう、自らこの近所の奴に殴られに行っていることに。
しかも運悪くそのことが近所の奴にもバレてしまい、殴られてオッキしていることさえ知られてしまいます。

『第2話』乙女な三崎

その足でふたりが向かった先は三崎の家。近所の奴は三崎を変態扱いし(まぁ合ってる)、そのノリで自分にご奉仕させます。
こうしてスッキリした近所の奴は三崎の個人情報と、痛みを快感にすり替えてしまうヤバい性癖をゲーット。
そして後日「尻の準備しとけよ」と近所の奴からの連絡通り、準備万端で待っていた三崎。もう完全に奴隷。
しかし近所の奴に愛撫されることもなくイキナリの本番で今度は尻が流血寸前!!ヒィ!!ボッボラギノールボラギノール!!
そんな非道な行為が何度も続く中、こともあろうにそれさえ快感に感じてきた三崎…。しかも近所の奴のことを手放したくないとさえ思ってしまいます。
揺れ動く乙女の三崎に、家庭環境や学校生活が上手くいかない近所の奴は人恋しさからか、釧路(くしろ)という本名を教えます。
そしてベッドでも次第に優しくなっていき、まるでただのカップルのようになったタイミングで釧路は「もう来ない」と三崎の家から去ります。

『第3話』激辛から甘々の関係へ

あれから一ヶ月、本当に釧路は三崎の家に来なくなり三崎は元の平和ライフに戻ります。
しかしそれも長くは続かず、三崎のバイト先に偶然釧路が現れふたりは再会します。
こうなるとまた会いたい衝動に駆られた釧路はその晩、三崎の家に行きまた非道な行為をするかと思いきや「腹ペコ」と飯を要求。
そんな釧路の人間らしい側面を見た三崎はそれからも度々訪ねてくる釧路を招き入れ、まるで半同棲のような生活がスタート。
そして互いの関係性が不明のまま、三崎に異常に懐くようにようになった釧路と再びカラダの関係を持つようになった三崎。

『第4話』すべてオレのもの

三崎と生活するようになっていままでの自分じゃなくなっていく憤りを感じた釧路は、学校でイラつく野郎をぶん殴って停学になります。
その殴った理由を三崎に訊かれた釧路は一言「ただ殴りたいから」とクソ発言。これに釧路へ抱いていた更生への希望も打ち砕かれた三崎は、釧路と距離を置くことに。
――しかし釧路と離れてみて三崎はこの苛立ちの本当の理由が分かってしまい唖然…。それは【釧路が自分以外の奴を殴ったから】。
と、そんなある日チンピラ共に因縁を付けられた三崎はまたボコボコに殴られます。

BL式部
BL式部
ここまでくるともはやある種の才能ですなァ。

するとそこに正義のヒーロー・釧路が現れ、三崎を助け出し家に連れ帰ります。よし!イチャラブモード突入!かと思いきや――!?
「もう殴るのはオレだけにしろよ!」という狂気染みた告白をする三崎に、ドSスイッチが入った釧路が覆いかぶさります。
そしてふたりにしか分からない最高の愛の営みを繰り広げ、最高の朝チュンを迎えた気分最高の釧路と三崎なのでした。

『番外編』

カブカブカッポー(仮)になったふたり。
今となっては三崎を殴る気など更々ない釧路は、ドM変態の三崎をどうやってベッドで満足させるか悩み中。
しかし普通に優しく抱きたい釧路のドSスイッチを無自覚にオンにさせる三崎、うーん!マジで魔性!!その①
釧路への愛が爆発して三崎が大サービスするお話。三崎、とんでもない魔性。その②

『bonus track』

釧路と三崎の関係を周囲の人間が勘繰るも「あ、ホモお察し。」となるほのぼのストーリー。

まとめ

殴られシーンが多くて痛いけども不思議と中毒性があるお話。こうゆうのもアリなんだなとBLの世界が広がりました。(しみじみ)

試し読みあり

気になるBLがきっと見つかる