コミックス

O.B.(2巻)【ネタバレ感想】中村明日美子

O.B.【ネタバレ感想】中村明日美子
あらすじ

『同級生』『卒業生』の草壁光(くさかべひかる)と佐条利人(さじょうりひと)。
『空と原』の青砥空乃(あおとソラノ)と原学(はらまなぶ)、そのほかシリーズ作品に登場する魅力的なキャラたちの後日談。
シリーズ最終巻の第二巻!!

著者 中村明日美子
レーベル EDGE COMIX
出版社 茜新社

試し読みあり

 

下記よりネタバレあり。ご注意ください。

全体評価

物語
絵柄
助平

カップリング

『#4.5〈草壁と佐条〉』『#7〈光と利人〉』
脱童貞でさらに最強の恋人になった(バンドマン)・草壁光×脱処女で色気が増した(大学生)・佐条利人
『#4 後編〈有坂と響〉』
元生徒・響×教師・有坂
『#5〈空乃とフジノ〉』『#6〈原と空乃〉』
元生徒(モデル)・青砥空乃・×悩める中年(教師)・原学

ネタバレ感想

今回は『同級生』『卒業生』『空と原』の続編ストーリー、『O.B.(2巻)』(後編です)。これまでのお話の感想はコチラからどうぞ。

同級生【ネタバレ感想】中村明日美子
同級生【ネタバレ感想】中村明日美子 高校二年生の草壁光(くさかべひかる)は、クラスメイトの優等生・佐条利人(さじょうりひと)が気になって仕方ない。 そ...
卒業生―冬―【ネタバレ感想】中村明日美子
卒業生―冬―【ネタバレ感想】中村明日美子 佐条利人(さじょうりひと)の大学入試が間近に迫った高校三年生の冬。 恋人の草壁光(くさかべひかる)は、勉強に励む佐...
卒業生―春―【ネタバレ感想】中村明日美子
卒業生―春―【ネタバレ感想】中村明日美子 母親が入院して、受験と家事に追われるようになった佐条利人(さじょうりひと)。 一方、恋人の一大事に何とか力になりた...
空と原【ネタバレ感想】中村明日美子
空と原【ネタバレ感想】中村明日美子 想い人・佐条(さじょう)が卒業して、さみしい日々を送る高校教師・原学(はらまなぶ)。 だがその年の春、新入生として...
O.B.【ネタバレ感想】中村明日美子
O.B.(1巻)【ネタバレ感想】中村明日美子 『同級生』『卒業生』の草壁光(くさかべひかる)と佐条利人(さじょうりひと)。 『空と原』の青砥空乃(あおとソラノ)...

『#4 後編〈有坂と響〉』響は立派なパートナー!

『O.B.(1巻)』の『#4 前編〈有坂と響〉』からの続き。
いざ離れて暮らす娘と再会した有坂(ありさか)。緊張でガチガチになりますが、なんとか父親として「おめでとう」と伝えます。
ところがフレンドリーになった娘から逆に「今カノはいるの?」と、話を振られてしまって…。娘には隠しておきたくないと思った有坂は、響(ひびき)をその場に呼び寄せます。
突然の父のカミングアウトに娘は取り乱してしまって――、それでも有坂は娘を抱きしめてなんとか理解してもらいます。こうして親子関係は良好に。
後日、自分の存在が有坂の重荷になっていると思った響「俺と付き合ってると、色々諦めることになるんじゃ…」と有坂に訊ねます。
しかし有坂は「僕のしあわせは響だよ」と響とハグ。そしてその夜、初えちに挑む有坂と響なのでした。

『#4.5〈草壁と佐条〉』草壁はやっぱり“最強の恋人”だった

『O.B.(1巻)』の『#3.5〈草壁と佐条〉』からの続き。イチャイチャしまくったあとの草壁(くさかべ)と佐条(さじょう)は布団でピロートーク中。
でもカワイイ佐条に明日、東京に帰ることを話さなくちゃいけない草壁。とても声に出して言えなくて、佐条の背中にそう書いて伝えます。

BL式部
BL式部
いちいちやることが男前です、草壁氏。

これを知った佐条はなんでもないふりをして席をはずそうとします。(※実は佐条、このとき泣いてます。)しかし最強の恋人・草壁はそれを察知!
すぐに「好きだ」と言って佐条を抱きしめて、おまけにShall we ダンスのポーズをとって佐条を笑わせます。はぁ、最強です。

『#5〈空乃とフジノ〉』中学時代の片思いに、再度決着!

『空と原』のその後。サラリーマンになったフジノは気になっている女子が読んでいた雑誌に、中学時代の友達・ソラノ(空乃)が載っていてビックリ!
その女子にサインを頼まれたことがきっかけで、モデルになったソラノと久しぶりに再会します。
でもフジノはソラノとなんで昔、仲が良かったのかよく思い出せないようで…。その様子を見たソラノは“こんなバリバリノンケなフジノをホモの道に引きずり込んじゃダメだ”と悟ります。
そしてソラノは「ただの友情だよ~ん」とうそぶいて、過去の恋を再度封印!フジノと別れたあと、迎えに来ていた原(はら)と落ち合ってデートに出掛けます。

『#6〈原と空乃〉』高齢ホモの課題

ソラノがコドモなのを理由にいままでえちを拒んできた原ですが、時が流れてソラノが20歳に!!
それでも往生際が悪くホテルでも逃げまくる原に「やさしくするから…」と、バリタチ宣言をするソラノ。しかし結局、原が恥ずかしがって尻がほぐれずまた今度になります(笑)
んでもって原から「高齢の親にカミングアウトしようと思ってる」と相談されたソラノ。「すっきりするのは言った方だけだよ…」と言って、原をやんわり止めます。
でも後日、先輩ホモから「ホモなのを知らせないまま親が死んだら、裏切ってる気がする」というの意見を聴いたソラノ。
年上の原の思っていることがようやく理解できて、親にカミングアウトしに行った原の帰りを待ちます。

『#7〈光と利人〉』「いずれは同じ名字になるんだから…」

『#4.5〈草壁と佐条〉』の続き。一緒に過ごす最後の朝、草壁が東京に帰る日です。
佐条に起こしてもらいたい草壁はわざと布団から出ず。佐条のおはようのキッスを待っています(笑)
ところがそんな新婚ごっこをしているタイミングで子供の声が聞こえたり、友達からのデキ婚の連絡があったり…現実に戻される佐条。
“草壁はホモになったせいで父親になれない”と思い悩みます。でもさすが最強の恋人・草壁。沈む佐条に「今が、俺の一番ベストな幸せだよ」と言って安心させます。
男前すぎる草壁の言葉に“20歳になったら結婚しよう”という約束を、もう一度繰り返す佐条。
そして「いずれは同じ名字になるんだから…」と、下の名前で呼び合うことを決めた草壁と佐条なのでした。

『あとがき』

ちょっと大人っぽくなった草壁と佐条の挿絵入りのあとがき。雰囲気がアダルティーすぎて、制服がコスプレみたいになっちゃってます。(ヨダレ)

まとめ

『O.B.』完結しましたー!!1巻2巻通して読むと、草壁と佐条の遠距離恋愛デートの話の間にサブキャラたちの恋愛話が盛り込まれてる!みたいな流れでした。
残念ながら原の尻が貫通するところまでは描かれませんでしたが、今後に期待しましょう(笑)そして2巻の表紙も、年齢が違う登場キャラが全員時空を超えて同じ運動場にいます。これは必見!

試し読みあり

気になるBLがきっと見つかる