コミックス

ネオンサイン・アンバー【ネタバレ感想】おげれつたなか

ネオンサイン・アンバー【ネタバレ感想】おげれつたなか
あらすじ

ネオン煌めくクラブで働く緒方(おがた)は、褐色肌のギャル男・サヤに出会う。
サヤが女の子をナンパしまくる理由を知って親密になるふたりだったが―――!?

 

著者 おげれつたなか
レーベル ディアプラスコミックス
出版社 新書館

試し読みあり

 

下記よりネタバレあり。ご注意ください。

全体評価

物語
絵柄
助平

カップリング

無表情ノンケ・緒方勇介×表情が読めるチャラ男・佐矢真崎(通称:サヤ)

ネタバレ感想

『1st』初めて表情を読まれる緒方

思っていることが顔に出ない男前・緒方(おがた)はリア充が集うクラブでホールスタッフとして勤務。
そこで毎夜引っ掛けた女にボコボコにされている客・サヤ(佐矢)に出会います。「女の子と一緒にいると安心する」と、ナンパする理由がヤリ目ではないと語るサヤに緒方は思わず失笑。
でも自分の表情筋のなさを知っている緒方は、笑っていることにバレていないと一安心。ところがサヤはそのビミョーな表情の変化を読んでいました。
この初めての経験に緒方は嬉しくなり、クラブのロッカーの鍵を失くしたサヤにコッソリ5千円貸しちゃうほどふたりは仲良くなります(ちなみにクラブで働く上で、客との金の貸し借りは禁止事項だそう)。
後日、サヤから「貸してもらった5千円分の朝飯作る」とナゾな返済方法を提案された緒方。そしてサヤお手製朝ごはんを食べる緒方の美味しそうな表情まで読んだエスパー・サヤ。
「どうして分かるの?」と聴く緒方に、少し悲しい顔で笑うサヤ…これは何かありそうな予感…。

『2nd』緒方、ノンケ卒業?

あれから何度もクラブでの仕事帰りの緒方に朝食を作ってあげるサヤ。まるで新妻状態。
一方の緒方も、自分の表情の変化に唯一気付いてくれるサヤをノンケなのに意識し始め「かわいい」な~んて思ってしまってます。
そんな中迎えたクラブの浴衣イベント!!サヤの浴衣姿に欲情した緒方は、超絶イケメンな身のこなしでサヤの唇を奪います。(オイ!仕事しろ!!)
後日になってもサヤの熱が忘れられない緒方は、ついに男のサヤを想像し抜いてしまいます。

BL式部
BL式部
「オレ、男もいけたんだな~」という緒方のセリフにBL流行語大賞を贈りたい。

『3rd』男のシンボルで現実を見る緒方

仕事中、サヤの失くしたロッカーの鍵を発見した緒方。でもサヤとの朝食繋がりがなくなるのを避けるためそれを隠します。
そして前回サヤで抜いたことで脱・ノンケに拍車がかかり、堂々とサヤを口説きにかかった緒方。いつも通り朝食を食べた後サヤの部屋に上がり込み、そ~ゆ~雰囲気で近づきます。
動揺したサヤは一度は緒方にストップをかけますが…去ろうとする緒方に「ほんとは男の人が好き」とホモであることを告白。
これに応じないのは男じゃない!と言わんばかりに緒方はサヤを抱こうと、レッツ・初めてのホモプレイ!!―――しかし、改めてサヤの男のシンボルを見た緒方は怖気づいてしまいます。
そして緒方が部屋から去った後、ひとり残されたサヤは辛い過去を思い出し涙…。せつない。

『4th』表情を読むのが得意なサヤ

あのチン逃げ事件から2週間――。サヤを傷付けたことを深く後悔する緒方、今日もクラブ勤務。
と、そこにサヤが現れますが必要最低限の会話と朝食の残金を渡してくるのみ。「もう無いから」と、突き放してくるサヤに緒方は何も言えません。
打ちひしがれる緒方はもう一度サヤに会いに行き「好きだ」と告白。でもそれはただ“緒方の表情が読み取れる”だけで恋愛感情ではない、と告白を拒否したサヤ。
続けて「ただの友達でいよう」と緒方に笑いかけ、緒方の元から去ります。
―――そして帰宅したサヤは例の辛い過去の回想を始めます…。
中学時代のサヤは仲良くしてもらった先輩に告白するも玉砕。しかもホモであることを周囲に言いふらされ不登校に。
この一件以降、サヤは他人の表情を鋭く見抜いてしまうスキルが嫌でも身に付いてしまいます。

『Final』ワンチャン欲しい緒方

先日の緒方の告白が嘘のように“ただの友達”になったふたり。でもお互い意識しまくりでビミョーな空気が流れます。
そんな中、クラブからバーに仕事が変わることをサヤに伝える緒方。もう会えなくなることを見越して「サヤの朝食が食べたい」と最後のお願い。
サヤはそれに応じ“最後の朝食”を緒方に作ります。しかし和やかムードが流れる食事中、中学時代にサヤをフって周囲に言いふらしたクソ野郎先輩が現れます!!
しかもこのクソ野郎先輩酒に酔っているようで、サヤを見つけては古傷をえぐるような発言を連発!!ブチ切れた緒方はクソ野郎先輩にタイマンで勝負を挑みます。
そしてクソ野郎先輩をK.O.した緒方はもう一度サヤに告白。今度こそ緒方の本気を受け止めようと決心したサヤは、これを承諾します。
両想いになったふたりは、そのままサヤの部屋にレッツゴー!!リベンジに挑む緒方は男のサヤで無事オッキ、Bまで達成します。
安堵する緒方は、いままで渡せず仕舞いだったクラブのロッカーの鍵と一緒に、自分の家の鍵もあわせてサヤに渡すのでした。

『Honey Honey』

リベンジに燃える緒方、ついにサヤと“最後まで”やっちゃうお話。
初めてのサヤの緊張(&尻)をほぐすため、緒方の優しさテクニックが何とも男前~!!
対するサヤもわざわざ外に出した緒方のアレをわざわざ中に入れようと…。ファー!!ごちそうさまでした!!

『あとがき』

褐色受けを描いてくださったおげれつ先生には感謝しかありません。

まとめ

おげれつ先生の描かれるリア充、レベル高すぎィ!!都会パネェ!!パリピ怖ェ!!な一冊(笑)
リアルホモの難しい問題に向き合う作品だな、と考えさせられました。何はともあれ、ハッピーエンドでよかった!!

試し読みあり

気になるBLがきっと見つかる