コミックス

百と卍(3巻)【ネタバレ感想】紗久楽さわ

百と卍【ネタバレ感想】紗久楽さわ
あらすじ

元火消しの卍(まんじ)、そして元陰間の百(もも)。お互いの過去を知ってさらに絆を深めたふたりは、出逢って一年の月日が経とうとしていた――。
甘く切ない、江戸時代のBLラブロマンス第三巻。

 

 

著者 紗久楽さわ
レーベル onBLUE comics
出版社 祥伝社

試し読みあり

 

下記よりネタバレあり。ご注意ください。

全体評価

物語
絵柄
助平

カップリング

元火消しの美形笛吹・卍(万次)×とにかく明るい元陰間・百(百樹)

ネタバレ感想

『百と卍(1巻)』『百と卍(2巻)』はコチラからどうぞ。

百と卍【ネタバレ感想】紗久楽さわ
百と卍(1巻)【ネタバレ感想】紗久楽さわ 陰間の年季があけるも、野垂れ死にしそうになっていた百(もも)。そこに卍(まんじ)という笛吹が声を掛け――!? 甘く...
百と卍【ネタバレ感想】紗久楽さわ
百と卍(2巻)【ネタバレ感想】紗久楽さわ 卍(まんじ)と百(もも)が恋人になってしばらく経った頃、卍の過去を知る千(せん)という男が現れ――!? 甘く切ない...

『第十八話 汐干狩り』潮干狩りよりも流れ星よりも百

出会って二度目の夏を迎えた卍(まんじ)と百(もも)。相変わらずのラブラブっぷりで、今日は潮干狩りをしにピクニック的なことをしています。
でもここでひとつ問題が!!卍は潮干狩りをするために、ふんどし一丁になる百の尻が心配でたまりません。※エ●い目で見ているのは男色の卍のみ。
百がご近所のノンケ男と喋ってるだけで、嫉妬の炎を燃やします。そしてノンケ男が去ったあとは卍のターン!
潮干狩り中にケガをした百の足を舐め舐め攻撃して、とんでもなくキザなセリフを言って百を口説きます。

BL式部
BL式部
いや、その口説き文句がね「流れ星よりも百を見てた」ですよ。これはマジでキザ。

『第十九話 百印秘密色道具』食べ物を色道具に…

今晩は七夕ってことで卍と銭湯にきた百は、念入りに体のお手入れ。でも意味ありげに卍より先に銭湯を出た百は、同棲しているスウィートハウスに帰ります。
そんな百のわかりやすい様子にハッハーンときた卍。先回りして百が“企んでいること”を突き止めます。
んでもってトイレで尻の準備を終えたばかりの百に迫る卍。百に企みを白状させるも、面白そうなのでその企みに乗っかってみることに。
ちなみにこの企みとは…卍のアレに紐を巻きつけて、アレのカタチや角度を変える遊びです。結果、ものすんごい気持ちいいえちとなり、危うく極楽へ行ってしまう寸前になった卍と百なのでした(笑)

『第二十話 十六夜、来たる』百がしあわせか確認しにきた男

近頃、卍は笛教室の先生になって安泰な暮らしぶり。美形っぷりもどんどん上がって、百のためにとイイ彼氏っぷりもレベルアップしています。
対する百も、卍と釣り合う男になりたいと思っています。そんなある日、百は陰間時代のイジワルな先輩・十六夜(いざよい)と再会。
陰間の年季があけても今度は“まわし”になっていた十六夜。いまだに男(卍)に囲われて暮らす百に、たっぷり毒を吐きます。
――しかしそれは愛情の裏返しだったようで…。十六夜は、どうやら百が幸せに暮らしているか確認しに来ただけのようです。なんや!十六夜エエ奴やんけ!!――ってなるお話。

『第二十一話 連理引き』千、再び!

と、その帰り道 百はとある火消し男が町で暴れているのを発見。卍の火消し時代の仲間だと知らずに、その男を助けて友達になります。

BL式部
BL式部
しかし百の腕っぷしを気に入ったその火消しが、今度百の兄貴分(卍)に挨拶に行く。という話が出てしまい…。ヤバいフラグが立ちました。

んでもって百は、その火消しの友達の兆(きざし)という船頭とも仲良くなります。なんかこの兆って人、こわいくらい美形です。
――そして場面変わって、仕事中の兆。船に乗せているのは、そうあの男!そう、卍の尻を狙い続けている千(せん)!!
怪しげな千の取引きの手伝いをしている兆は「いつ私を抱いてくれるんですか」と、千にベタ惚れ。でも卍と違って女々しい兆に苛立った千は、兆を抱こうとしません。

『第二十二話 盂蘭盆会』千 vs 百

一方 こちらラブラブすぎる卍と百。百が好きすぎる卍は、兆に着物を返しに行く百にひっつき虫。ふたり揃って兆の仕事場までやってきました。
しかし卍がいなくなったタイミングで、兆の船に乗った百は千と遭遇!久しぶりに会っても陰間上がりの百をバカにする千ですが、今回は開き直った百の勝利!!千は退散します。
と、この言い合いで千の想い人がさっき会った卍だと知った兆。それと引き換え自分は“亡くなった千の恋人の双子”なだけで、千に利用されているに過ぎないことが悔しくなります…。

『第二十三話 いつも月夜に米の飯』「卍兄ィがいるから大丈夫!」

その夜、十六夜や千に「自立してない」と言われたことを気にしていた百。卍の前で“脱陰間宣言”して、男らしくなるように決意を固めます。
でも卍は「百はもっと俺に甘えればいい、ずっと想ってる」と、どこまでもイイ彼氏っぷり!包容力が桁違いに上がってます(笑)
そして百はもう一つ卍にお願い。二度目の義兄弟の契りを交わしたいと伝えます。もちろんそれに応じた卍は、百と一生添い遂げる覚悟で契りを交わします。
これでもうこわいモンなしになった百は、霧が晴れたかのように清々しい気持ちになるのでした。

『描き下ろし 百と卍的 ふんどし自由研究』

百と卍で、おなじみのBLグッツとなったふんどし(笑)
百が締めている“六尺褌”タイプと、新キャラ兆が締めている“越中褌”タイプ。うーん、どっちも捨てがたい…。

まとめ

3巻の百は「卍と釣り合うようになりたい」と思って、ずっと頑張ってましたね。なんて健気…!!卍がイイ彼氏で受け止めてあげて良かった良かった。
にしても兆タンよ…!!なんて儚げ美人なの!?そしてなんでこんな美形に手ェ出さんのや、千!!!!!

試し読みあり

気になるBLがきっと見つかる