コミックス

百と卍(2巻)【ネタバレ感想】紗久楽さわ

百と卍【ネタバレ感想】紗久楽さわ
あらすじ

卍(まんじ)と百(もも)が恋人になってしばらく経った頃、卍の過去を知る千(せん)という男が現れ――!?
甘く切ない、江戸時代のBLラブロマンス第二巻。

 

 

著者 紗久楽さわ
レーベル onBLUE comics
出版社 祥伝社

試し読みあり

 

下記よりネタバレあり。ご注意ください。

全体評価

物語
絵柄
助平

カップリング

現在
元火消しの美形笛吹・卍(万次)×とにかく明るい元陰間・百(百樹)
過去
マッチョ火消し・千×美形火消し・卍(万次)

ネタバレ感想

『百と卍(1巻)【ネタバレ感想】紗久楽さわ』はコチラからどうぞ。

百と卍【ネタバレ感想】紗久楽さわ
百と卍(1巻)【ネタバレ感想】紗久楽さわ 陰間の年季があけるも、野垂れ死にしそうになっていた百(もも)。そこに卍(まんじ)という笛吹が声を掛け――!? 甘く...

『第十一話 炬燵』卍と百のしあわせdays

季節が冬になっても相変わらずアツアツの卍(まんじ)と百(もも)。もうカッポーになって半年です。
そんなある日、百のために炬燵(コタツ)を買ってきた卍。それを見た百はコタツバージョンのイチャイチャプレイを妄想。
期待して卍を待っていましたが、コタツが気持ち良すぎて即・就寝する百(笑)コタツに負けてしまった卍ですが、愛しい百の寝顔に優しく接吻します。
その夜、ようやく起きた百と夜のデートに出掛ける卍。百から「卍と一緒で“しあわせ”」と言ってもらえて相当ハッピーな様子。

『第十二話 姫始め』ふれられない卍の過去

そして訪れた年末、仕事先で餅をつく百は出稼ぎに出ている卍と会いたくてしょうがありません。
でも我慢我慢!と、ひとりで新年を迎えた百。と、数日後ようやく卍がスウィートハウスに戻ってきます!!
ところが超絶機嫌がワルく、自分勝手に百を抱く卍。「また火消し関係のことだろうな」と、内心百は思いますが何も訊かず優しくヨシヨシ。
そんな良くできた妻(百)のおかげで、苛立った卍の気持ちが少しマシになります。

BL式部
BL式部
ちなみに卍のご機嫌ナナメの理由は、昔の火消し仲間に遭いそうになったからです。

『第十三話 花見でいっぱい』ラブでいっぱい

花見がてらオッサンに絡まれる乙女たちを助けた卍と百。ふたりがホモとは知らない乙女たちは、この後ラブホにしけ込む男ふたりを想像もできないでしょう(笑)
inラブホにて、キレイな桜を背景に百を存分に可愛がる卍。百も卍が好きで好きで堪らず、陰間時代よりめちゃめちゃ感じてしまいます。
そんな卍と百が家を空けている間、スウィートハウスに五話で登場した卍の叔父・祝(いわい)の手下が様子を伺いに。でも不在だったため何もせずUターンします。
う~ん。どうやら祝も手下の火消し仲間も皆、卍を心配しているようです。

『第十四話 昨日は今日の物語』狙われる卍の尻

――卍がショタ時代の回想――。
美少年の卍は自分がホモであることに気付くも、祝への想いを押し殺して生活しています。あぁ、美少年卍マジ天使…!!
時は現在に戻り、ラブホから帰った卍と百。しかし何者かに玄関の“卍百”と書かれたラブい表札をボロボロにされています!
するとすぐさま犯人が現れ「卍、お前をまた抱きに来てやったゼ」と、筋肉質のイイ男・千(せん)が登場します!!
これに卍は激オコし、殴り合いの大喧嘩勃発。しかも卍の初恋の相手・祝まで侮辱する千、これに卍の代わりにブチギレた百!喧嘩を止めさせ千を追っ払います。
喧嘩の後、卍はいつの間にか百と祝が顔見知りになっていたことに驚いたものの「もう祝とも、千とも終わってる」と、百の気を静めます。

『第十五話 時に雷、君は嵐』相棒だった千と卍

百を巻き込んだ以上、過去を打ち明けることにした卍。千との昔の話を始めます。
――卍が火消し時代の回想――。
火消しの花形として消火活動の指揮をとる千と卍。千は卍に気があるようですが、卍は祝への想いを未だ押し殺したまま。
しかし“男を抱いてみたい”欲望に駆られた卍、千に誘われるがまま初めて男同士の交わりを経験します。――が!美形の卍に欲情した千に逆に抱かれてしまい…処女喪失。
卍は屈辱の受けデビューを果たします。

『第十六話 陰ゝ滅ゝ』しあわせになりたい

ほかの火消し仲間には内緒で情事を重ねる千と卍。「甘ったるいのは嫌いだ」と言いつつ、千は卍に心底惚れています。
しかし卍の想い人が祝であることを知り、嫉妬からわざと卍にセフレのように振る舞う千。ツンデレか!!
一方 卍は酒の席で酔いつぶれた祝を目の前にし、長年我慢してきた欲望がバクハツ!!意識のない祝にスペルマをぶちまけます。
ところが帰り道、その一部始終を見ていた千が現れ卍をボコボコに。DV彼氏のように「祝への想いは諦めてオレにしとけ」と卍に言い寄ります。
その千からの求愛に卍は「千とオレじゃ“しあわせ”になれない」と拒否。逆上した千は刃物を持って卍に襲い掛かったものの、卍に反撃され刺されます。
…と、この一件が原因で卍は火消しを辞め、野垂れ死にしそうになっている百と出会います。

『第十七話 日ゝ燦ゝ』百に救われた卍

時は現在に戻り、卍の壮絶な過去を聴き終えた百。それでも「過去も全部ひっくるめて卍が好き」と凹む卍を慰めます。
そして卍の抱えている過去も含めて、卍と共にありたい百。受けより攻めたい卍に、どうぞどうぞと尻を貸してやりイチャイチャします。
そうして元の甘々なカッポーに戻ったふたり、真昼間からラブラブデートに出掛けます。

『描き下ろし 百と卍的 火消し自由研究』

昔から暴れん●将軍で観ていた“火消し”の豆知識が、まさかBLで手に入るなんて!!
ぬあああ!!卍の火消しファッション可愛いいぃぃぃ!!!

まとめ

1巻では百の過去編でしたが、2巻では卍の過去編です。
そして何と言っても麗しの卍タンが2巻で受けになってくれるという…。美人受け好きには堪らない展開になっております。

試し読みあり

気になるBLがきっと見つかる