コミックス

リンクス【ネタバレ感想】キヅナツキ

リンクス【ネタバレ感想】キヅナツキ
あらすじ

大好きだけど一歩踏み込めない、そんな4組のカップルが織りなすドラマチック・ラブストーリー。
震えるほど悲しく切ない恋の行方は――!?

 

著者 キヅナツキ
レーベル ビーボーイコミックスデラックス
出版社 リブレ

試し読みあり

 

下記よりネタバレあり。ご注意ください。

全体評価

物語
絵柄
助平

カップリング

『雪解けに、ナイフのような声で』
根暗なラジオDJ・関屋×明るいオッサン・新発田
『桜蕊降る、残響の海』
年下ワンコ・弥彦×年上ビッチ・秋葉
『五月、未明の序章』
強面の世話焼き・亀田×天真爛漫ボーイ・荻川
『連星αより、栗の花落つ』『再生の冬、夜明けのバラッド』
ヤクザの常務・佐渡×ヤクザの隠居息子・中条

ネタバレ感想

『雪解けに、ナイフのような声で』1年越しの誘い受け

自分の殻に籠るラジオDJ・関屋(せきや)は、たまたま入ったカフェでとにかく明るいオッサン店員に話しかけられます。
なんでもこのオッサン=新発田(しばた)は関屋の美声の大ファンらしく、ズカズカと関屋の心のテリトリーに侵入してきます。
――と、あれから1年が経ち、関屋の拒否も空しく新発田に押し切られるまま友達になったふたり(笑)
しかし徐々に距離を詰めてくる新発田に調子を狂わされる関屋はイライラが募っていき…新発田に八つ当たりしてしまいます。
ですがそれと同時に新発田へのラブに気付いた関屋は、新発田を抱き寄せ耳元で「好きだ」と告白します。

BL式部
BL式部
新発田氏、大好きな関屋の美声を耳元で囁かれたもんだからゾクッときちゃってます。

『桜蕊降る、残響の海』あの男の音色

あれから関屋と付き合ったことをカフェに来ていた中条(なかじょう)に惚気る新発田。乙女か!
それを静かに聴くのはカフェオーナーの秋葉(あきは)。そんな秋葉が思い返すのは高校時代にカラダを繋げた「ある男」のことばかり。
――そう、三十路を過ぎた今でもその男を想いながら他の男=弥彦(やひこ)に抱かれています。
いくら周囲の人間に「報われないからやめとけ」と言われてもある男に執着し続ける秋葉…。その理由は、――あの男がもうこの世にいないから。
そして秋葉はあの男の命日である今日、思い出のピアノを弾きずっと待っていてくれた弥彦とちゃんと付き合うことを決心します。

『五月、未明の序章』恋のはじまり

ある雨降りしきる帰り道、捨てられている猫と人間を拾って帰ることにした亀田(かめた)。
するとその人間=荻川(おぎかわ)は意外とマジメなリーマン。なんやかんやで捨て猫を一緒に世話するため、亀田の家に入り浸るようになります。
そして共に過ごす時間が長くなるふたり。荻川も世話焼きの亀田に甘え、亀田もまんざらでもない様子…もーどこからどう見ても新婚さん(笑)
なんやこの終始和やかな雰囲気は!!幸せバンザイ!!!

『連星αより、栗の花落つ』温度差

佐渡(さど)と中条(なかじょう)がラブっているところを偶然目撃した新発田氏。
事の真相を中条本人に聴くとやっぱりビンゴ!ふたりは高校生から付き合っているそうで、新発田ムフフと腐男子化。
すると今度は逆に、中条が新発田に関屋との関係を聞くと「しあわせだよん」と明るく返されます。
そんな健全で真っすぐな新発田と関屋の関係を羨ましく思う中条は虚無感の中、今日も佐渡とカラダを重ねます。

『再生の冬、夜明けのバラッド』救いの手

佐渡と中条は現在同棲中。しかしふたりの関係はそう甘いものでもなさそう…。
ちなみに佐渡はヤクザの常務。毎朝秋葉の彼氏=弥彦が迎えにやってきます。
すると他愛もない話から、秋葉の元カレ=あの男が【佐渡の兄】であることが判明!!
そして昔、佐渡少年がろくでもない男だと反抗していた兄が交通事故で亡くなったこと、本当はクッソイイ兄貴だったことを回想します。
ですがそんな兄に先立たれ、これまで兄に何もできなかったことを悔いる佐渡少年。
そんな絶望の中にいた佐渡少年を救ったのは、亡くなった兄と一緒に事故に遭った中条少年の「やり直せばいい」という言葉なのでした。

『Overture』

兄の元カノである秋葉に、中条との恋愛事情を相談する佐渡は「兄が死んだ事故の罪悪感から中条は俺と付き合っている」と悩みを打ち明けます。
一方、実は佐渡が身を置くヤクザの組長の息子だった中条は組長パパの元に出向きます。

『1st Mov.』

なんかこのどんよりした空気の中、とにかく明るいオッサン新発田はクリスマスパーチーをすることを皆に提案。
一方 佐渡は中条が未だ自分と一緒に過ごす理由は何なのか確信が持てないまま悩み、なんと中条も組長パパに同じ質問をされ答えに戸惑います。

『2st Mov.』

答えが見いだせない中条は試しに亀田にキッスしてみますがてんでダメ。
こうしてやっぱりアナタじゃなきゃダメ状態になった中条は、亀田に背中を押され佐渡の元に戻ります。
そしてあの事故から10年以上、やっと「好き」という言葉を佐渡に伝えた中条に、嬉しさが爆発しプロポーズしちゃった佐渡(笑)

『a finale』

佐渡のプロポーズ事件が瞬く間に他のカップルに知れ渡り、いざクリスマスパーチー当日!!
秋葉が弥彦に合いカギを渡したり~、もうどのカップルも聖夜を性夜にする気マンマン。(白目)
そしてその翌日、佐渡の大好きなハンバーグを作る中条。あー、いつまでもお幸せに!!!

まとめ

各話のキャラがリンクしてるのってなんでこーワクワクするんでしょうねィ。
超個人的な感想ですが、命を断とうと思っていた中条を佐渡の兄が助けたのだとしたら秋葉が中条に同情する気持ちがわかるような気がします。

試し読みあり

気になるBLがきっと見つかる