コミックス

ララの結婚(2巻)【ネタバレ感想】ためこう

ララの結婚【ネタバレ感想】ためこう
あらすじ

双子の妹・ララにすり替わって大富豪の跡取り息子・ウルジと結婚生活を送ることになったラムダン。
しかも必死の思いで実家の村に逃げ帰っても戻るよう諭され、迎えに来たウルジと屋敷に戻ることに。
そんなある日、ウルジの兄・バドマが現れて――!?

 

著者 ためこう
レーベル ビーボーイコミックスDX
出版社 リブレ

試し読みあり

 

下記よりネタバレあり。ご注意ください。

全体評価

物語
絵柄
助平

カップリング

大富豪のスパダリ跡取り(旦那)・ウルジ×無鉄砲美人(嫁)・ラムダン

ネタバレ感想

『ララの結婚(1巻)』の感想はコチラから。

ララの結婚【ネタバレ感想】ためこう
ララの結婚(1巻)【ネタバレ感想】ためこう 大富豪の跡取り息子・ウルジは幼い頃、ラムダンとララという双子の兄妹と出会う。 そして数年後、美しく育ったララを娶る...

『第六話』決闘を申し込まれるウルジ

ウルジとラムダンの婚儀からしばらく経ち、刺繍まで出来るようになるほど嫁らしくなってきたラムダン。ウルジと距離が縮まってから笑顔が増えました。
そんなとき、遠方をフラついていたウルジの兄・バドマが屋敷に戻ってきます。バドマは初対面のラムダンを見るや挨拶代わりにキス。美人で勝気なラムダンを気に入ります。
するとそこにウルジ登場!幸いキス現場は見ていなかったので、信頼する兄とアツーイ抱擁を交わします。スパダリウルジはマジでバドマを尊敬している様子「兄さんに比べたら俺なんか…」と謙遜してます。
ところがどっこい、バドマは「ウルジの嫁はオレが貰う」と言って、ウルジに決闘を申し込みます。

『第七話』勝者の権限

決闘の景品になったラムダンは、決闘の勝敗がつくまで旦那のウルジとも会えない生活に。完璧に兄弟ゲンカに巻き込まれちゃいました(笑)
ウルジはというと、ラムダンに触れられない毎日のせいで欲求不満気味。負ければ国を追われるという掟より何より、ラムダンとイチャつきたいみたいです。
でもそれはラムダンも同じ。ウルジの手の感触を思い出して自家発電を始めます(しかも後ろを重点的に)。ラムダン自身の気持ちはともかく、やっとウルジの「愛している」という言葉を信じれるようになったようです。
そして決闘の日、思い立ったラムダンは決闘場所に急ぎます。んでもって、弓矢の射的勝負真っ最中のウルジとバドマの戦いに乱入!あろうことか決闘をしているふたりよりど真ん中に矢を射ります!!
呆然とするウルジとバドマに、勝者の権限を得たラムダンは「バドマの嫁になる」と宣言します。

『第八話』ウルジ、嫉妬に狂う

このラムダンの決断に、これまで旦那として頑張ってきたウルジ激おこ。ヤバい目つきになって決闘場所から無言で去って行きます。
一方 バドマとふたりっきりになったラムダン。今回の決闘がバドマのおふざけと知った上で、ウルジの性格や子供の頃のことなんかを聞き出します。バドマを選んだ理由はコレですね。
するとウルジはずっと前からラムダンにベタ惚れで、ラムダンと結婚しいがために家業を頑張っていたことをバドマから知らされます。ウルジの執着心にビックリのラムダン。
そして翌日、バドマはあっさりとラムダンとの婚姻を破棄。ウルジの安泰を願って、バドマはまた放浪の旅に出かけて行きました。

BL式部
BL式部
世話焼きのお兄ちゃんバドマ、行ってらっしゃい!

ところがバドマが去ってもウルジの怒りは収まらず…。真昼間からラムダンを押し倒して攻めまくります。そりゃもうラムダンがクジラみたに●噴きしちゃうほど。
こうしてウルジはラムダンを目一杯抱いたあと、落ち込んだように眠ります。それを見たラムダンは優しくその寝顔にキスします。

『第九話』本当の夫婦のように…

そんなこんなでウルジとラムダンの婚儀から数か月。ウルジは家業の仕事に忙しく、大富豪の嫁のラムダンは退屈な日々を送っています。
しかもバドマの一件で気を使っているのか、ラムダンに手を出してこなくなったウルジ。ラムダンは嬉しやら寂しいやらで、自然とウルジを目で追うようになります。
そして大人しい奥様でいるのが限界になり「俺も仕事を手伝う」と言い出したラムダン。意外とすんなり受け入れられ、一日の大半をウルジと共に過ごすようになります。
こうしてラムダンの毎日は充実したものに激変!ウルジともデートに出掛けるほど親しくなります。と、いつの間にかウルジに恋しちゃったラムダン。バドマの一件から抱こうとしてこないウルジに、ちょっと残念に思います。
ところがそのタイミングで、子を望むウルジの父から「ウルジに第二夫人を娶るのを承諾してくれ」と言われたラムダン。家のためにとOKしますが、ウルジが他の女性と…と思うとモヤモヤします。

『第十話』ウルジの企てを知ったラムダン

そして早速ウルジの屋敷に嫁入りしてきたのは、アリアナというウルジの幼馴染。性格・顔、ともに◎です。
何も知らされていなかったウルジはラムダンに問いただします。そしたら「家のためだ」というラムダンの言葉は届かず…。「それ程オレが嫌いか?」と、ウルジはしょんぼりモードに。
それからと言うものラムダンを避けて、幼馴染のアリアナに構うようになります(ただしエ●いことはなしで)。そしてウルジとアリアナの仲睦まじい様子を見て耐えられなくなったラムダン。
急いでウルジに会いに行きますが、なんとそこに妹・ララと駆け落ちしたはずの男が!しかも聞き耳を立てると『第一話』の“ララが駆け落ちして、婚儀には代わりにラムダンが来る”というのはすべてウルジの企てだったことが判明!
絶句したラムダンは自分とララの人生を愚弄されたと怒り、馬に乗り屋敷を飛び出します。

『描き下ろし 微睡む』

『第八話』でラムダンを目一杯抱いたあと、申し訳なさそうにラムダンの身体を拭いて綺麗にするウルジ。
ラムダンはその様子をタヌキ寝入りをしながら実況中継します。ん~、せつない!!

まとめ

想いが通じ合いそうで通じ合わないウルジとラムダン。ウルジは純粋にラムダンが好きなんでしょうが、なんせ言葉が足りないんですよねェ(何様)すぐ下半身で動いてしまうクセがあります(笑)
しかも話の終盤、ウルジの企てを知ってしまったラムダンがまた家出!旦那として、短期間で二度も嫁に家出されたらアカンでェ、ウルジはん。

試し読みあり

気になるBLがきっと見つかる