コミックス

ハローモーニングスター(1巻)【ネタバレ感想】倉橋トモ

ハローモーニングスター【ネタバレ感想】倉橋トモ
あらすじ

アイドルグループ【エルプラネット】の篤人(アツト)は、正統派王子様。
しかし、同じくアイドルグループ【リアル】の由紀(ユキ)とは同期だったのに疎遠になっていて――。
『ピンクとまめしば』のスピンオフ作品!アイドル同士の恋愛事情を描くピュアストーリー、第1巻。

 

 

著者 倉橋トモ
レーベル ビーボーイコミックスDX
出版社 リブレ

試し読みあり

 

下記よりネタバレあり。ご注意ください。

全体評価

物語
絵柄
助平

カップリング

【リアル】のクールガイ・葉山由紀×【エルプラネット】の正統派王子様・黒川篤人

ネタバレ感想

今回の主人公は『ピンクとまめしば』に登場した黒川春馬の兄・篤人(アツト)。現役バリバリのアイドルです(おっと、ヨダレが)。

ピンクとまめしば【ネタバレ感想】倉橋トモ
ピンクとまめしば【ネタバレ感想】倉橋トモ 高校教師の御子柴健(みこしばけん)は、篤人(アツト)というアイドルの熱狂的なファン。 ところが教え子の生徒にそのシ...

『stage 01』現在はライバル同士だけど…!?

男性アイドルグループ【エルプラネット】の王子様的ポジションのメンバー・篤人(アツト)。『ピンクとまめしば』に登場した黒川春馬のお兄ちゃんです。
現在デビューにして数年、人気は上がる一方。多忙な日々を送っています。でも篤人には、ひとつ心に引っかかることが…。
それは、同時期に【リアル】という男性アイドルグループでデビューした同期・由紀(ユキ)と疎遠になっていること。デビュー前のジュ●ア時代は、かな~り仲が良かった模様です。
でも今ではお互いを避けるようになった由紀と篤人。そんなある日、所属事務所社長から呼び出しがあり篤人が向かうと、同じく呼び出されていた由紀と鉢合わせします。
気まずい空気が流れるも、社長から「あなたたちダブルで映画主演に決まったから、親睦を深めるために一週間一緒に住みなさい」と命令されたふたり。ここはプロ根性でOKします。
こうして由紀と篤人の共同生活がスタート。ところがデビュー前に戻ったみたいで浮かれる篤人に「俺たち昔、普通の友達じゃなかったんだから」と、由紀はじゃれ合いを拒否。
続けて「俺もお前も、仕事だからここに来ただけだ」と、親しくしてくる篤人と距離を置きます。
グサっとくることを言われた篤人は、デビュー前まで由紀と恋人だったことを思い出して…。「俺まだ由紀のこと、こんなに好きだ」と気付いてしまいます。

BL式部
BL式部
どうやら同期で恋人だった篤人に、数か月先にデビューされてしまったことが原因で由紀から別れを切り出したようです。

『stage 02』篤人を誰よりも知ってる由紀

由紀に拒絶されてしまって、ひっそり涙する篤人。それでもプロ根性で、由紀との共同生活を続けます。
必要最低限の距離感で由紀と接する篤人ですが、やっぱり惚れた弱み!今となっては王子様なんて言われる篤人に「お前は、昔から努力家だからな」と、由紀に言われて…も~ドキドキが止まりません。
昔のように由紀に声を掛けられたことが嬉しくて、篤人はもっと主演映画の演技を頑張ります。
そんなふたりの距離がちょっと縮まった頃、篤人は夜遅くになっても共同生活ハウスに帰ってこズ。心配した由紀は、飲み屋でプロデューサーに飲まされてまくっていた篤人を救出します。
そして「器用なフリすんな」と言って、素のキャラはポヤヤンな篤人を連れて帰ります。
――しかし帰る途中、昔を思い出した由紀も思わず篤人にキスしちゃいそうになり…!!直前のところで、篤人に先にデビューされた苦い過去がよみがえりストップします。

『stage 03』風邪の功名

由紀に共同生活ハウスに連れて帰って来てもらった篤人ですが、まさかの発熱!なんやかんや言っても放っておけない由紀は、看病を始めます。
急に優しくされて動揺する篤人に「今日だけは何でも聞いてやる」と、甘い言葉をかける由紀。こちらも風邪で弱ってビーチク丸出しの篤人に欲情してます。
そして篤人から「由紀の体温がほしい」とお願いされ…。由紀は添い寝して、眠る篤人を見つめながら一晩を過ごします。
こうして由紀と篤人の共同生活は終わり、いよいよ来週から主演映画の撮影スタート!といったタイミングで、由紀が事故に遭います!!

『stage 04』弱音を見せない由紀

ついに映画の撮影が始まり、慣れない演技にも頑張りまくる篤人。それを見た由紀は、また自然と優しさが出てしまい、篤人を元気づけます。
すると逆に「由紀がいてくれてるから頑張れてる」と篤人に返されてしまい、静かにテレ。由紀のほうもだいぶ篤人に未練がある模様です…。
そんな由紀は、実は『stage 03』に起きた事故で片足を骨折。篤人やスタッフに迷惑をかけたくない一心で、ケガを隠して2週間の映画撮影に臨んでいます。

『stage 05』ずっと言えなかった篤人

ケガを隠し通したまま2週間が過ぎ、ついに撮影最終日を迎えた由紀。篤人への想いも日増しに強くなっていって、正直由紀は動揺してます。
そしてクライマックスの撮影の最中、由紀はケガした足を庇って倒れそうに!すると篤人がさりげないフォローで助けてくれます。
勘付いた由紀は撮影後「ケガのこと気付いてたんだな」と、篤人の泊っている部屋へ。この一件で打ち解けたふたりは、そのノリでふたりだけで打ち上げをすることにします。
でもその最中「俺と由紀が一緒にデビューできなかったのは、俺のせいなんだ」と告白した篤人。なんでもデビュー前、由紀以外の歌声を何気なく「好き」と言ったこと原因で、由紀が【エルプラネット】に入れなくなったようで…。

BL式部
BL式部
篤人は自分のせいで由紀のデビューを潰したと、ずっと悩んでいたんですね…。

これを聴いた由紀は、篤人の苦しみを訊かなかった自分を反省!!意地を張って篤人と別れたことを後悔します。
そしてまだ自分を好きでいてくれてる篤人にキスして「もう手を離さない」と、ギュ。数年ぶりにベッドで愛を確かめ合います。

『stage 06』ステージでホモる由紀と篤人

そうして恋人同士に戻った由紀と篤人。忙しい合間を縫って逢瀬を続けています。
そんなとあるデートのとき、篤人から「成長した【エルプラネット】のコンサートに来てほしい」とお願いされた由紀。ライバルながらカワイイ恋人の頼みなんでホイホイ行っちゃいます。
したら、観客席の由紀にスポットライトが当たり…見事にハメられステージへ連行される由紀(笑)こうしてほかのメンバーの計らいで、同じステージに立つことになった【リアル】の由紀と【エルプラネット】の篤人。
ダブル映画主演の宣伝もチャチャっと済ませて、ステージ上でイチャイチャし始めます。もちろんホモバレはしてませんが、観客席からは悲鳴が(笑)
そしてコンサート後、興奮冷めやらないふたりはシャワー室へ。どう見てもシャワー以外のことをして、スッキリ爽快リフレッシュするのでした。

『「ピンクとまめしば」ドラマCDレポート』

はじめてガヤに参加したという倉橋先生…。漫画家さんなのになんてお茶目。探して聴きます(笑)

『描き下ろし ハローモーニングスター』

もう二度と篤人を離さないと決めた由紀。ベッドで篤人を何度も何度も…。もうゴ●足りなんじゃないっすかね?(黙)

『あとがき』

2巻では、ほかの【エルプラネット】のメンバーのお話が描かれるそうです!これは楽しみ!

まとめ

時系列で言うと、『ピンクとまめしば』より数年前にあたる今回お話。まだ篤人が幼いとこがあって可愛かったです。
『ピンクとまめしば』の篤人はバリタチ臭がすごかったので、まさか受けになるとは…!!??と、正直びっくりでしたが(笑)受けになっても篤人は男前でしたね!

試し読みあり

気になるBLがきっと見つかる