コミックス

ハッピー・オブ・ジ・エンド【ネタバレ感想】おげれつたなか

ハッピー・オブ・ジ・エンド【ネタバレ感想】おげれつたなか
あらすじ

家ナシ金ナシ仕事ナシ、クソみたいな人生を送る柏木千紘(かしわぎちひろ)が目覚めた場所は、昼下がりのゴミ捨て場。
ボコボコに殴られた千紘は、昨晩バーで知り合ったケイトという男の仕業だと思い出し――!?愛に飢えたゲスBL。

 

 

著者 おげれつたなか
レーベル バンブーコミックス Qpaコレクション
出版社 竹書房

試し読みあり

 

下記よりネタバレあり。ご注意ください。

全体評価

物語
絵柄
助平

カップリング

嘘の愛にすがりつくクズヒモ男・柏木千紘愛を忘れた闇深男・ケイト

ネタバレ感想

風俗に暴力、そしてヤク中…ゲスいことがテンコ盛りで出てくるので、個人的に15歳以下のお嬢様は読まない方がいいです、ガチです。

『ep.01』ゴミ捨て場で二度拾われる

昼下がりのゴミ捨て場で、まるでボロ雑巾のようにボコボコに殴られて横たわる柏木千紘(かしわぎちひろ)。気が付くと、昨晩ゲイバーで知り合ったケイトという男に「まだ生きてる」と、笑いかけられます。
必死で記憶を整理して、ボコボコにした犯人がケイトだと思い出した千紘。しかし怒るヒマもなく、ケイトによって車でどこかのアパートに連行されます。
そして何がなんだかわからない千紘に「君が以前、オッサンのヒモしてたときに盗んだ、黒いカードはどこへやった?」と、ケイトが質問。千紘が「捨てた」と答えると、ケイトは用無しと言わんばかりに千紘をアパートから追い出そうとします。
千紘は帰る家なんか無いので居座ろうとしますが、ケイトがあまりにも冷たい態度なんでアパートを後に。ひとり路頭に迷う千紘は翌日、昨日と同じゴミ捨て場でケイトに再び拾われます。

BL式部
BL式部
余談ですが、ミステリアスなケイトの瞳の色が真っ黒。こりゃ闇が深そうやでェ…。

『ep.02』嫌なことを忘れる方法

ゴミ捨て場での再会から二か月、千紘はケイトのアパートに住まわせてもらうことに。でもその代わり、ケイトの奴隷(雑用係)的な存在になります。
恋人でもなく友達でもなく、ただ一緒に住むふたり。千紘はケイトに「ゲイバレして親からも勘当されて、当時付き合っていた彼氏にもフラれた」という過去を話します。けど謎が多いケイトは一切自分のことは喋らず、すべて「秘密」。
そんなある日、勘当された実家に置いてきたカメラを取りに行きたいと言い出した千紘。ケイトにも一緒に付いてきてもらいます。しかし実家の鍵はすでに替えられていて、千紘は大ショック。生きていく気力を失くします。
するとそれまで黙っていたケイトが「何も考えなくて済むように、セ●クスしよう」と言って、千紘を押し倒します。そしてそのまま流された千紘は、尻をズッポズッポケイトに弄られるのでした。

『ep.03』家庭的な千紘にほどかれるケイト

ケイトに尻をイジられる日々が続く千紘ですが、本番行為は「ゴムがない」という理由でナシ。千紘は、遠回しにカラダを気遣ってくれるケイトに好意を持ち始めます。
そして家庭的な一面を見せ始めた千紘は、ケイトのために手料理を作ることに。その温かいご飯を食べて、真っ黒だったケイトの瞳に光が灯ってきます。
そんなある日 千紘が散歩をしていると、路上でウリをやっているケイトの母と遭遇。しかもバリバリのヤク中だったケイトの母…。ひとまず千紘は、キメすぎてブッ倒れているケイトの母を、警察が来る前に逃がしてやります。

ところがその後、ケイトから貰ったオモチャのネックレスを失くしてしまったことに気づいた千紘。雨の中必死で探します。そしてその様子を見たケイトは、ムラッ。千紘と一緒にゴムを買いに行き、帰宅後 本番行為をします。
情事後、千紘に『ep.01』で問い詰めていた“黒いカード”が、未●年専属の風俗の会員証だと話し出したケイト。そして昔 自分もそこで働いていて、「ケイトじゃなくて、浩然(ハオレン)だ」と、本名を名乗ります。

『ep.04』イエスマンな千紘に喝!

ケイトは以前、千紘を囲っていたオッサンと食事に行くことに。実はこのオッサンとはケイトも昔馴染み。そこで囲われていた当時の千紘が、いかに孤独だったのかをケイトは知ります。
一方 千紘は、昔遊ばれて捨てられた元カレからの突然の連絡にドギマギ!根っからのダメンズの千紘は、どう見てもヤりたいためだけのダメンズの誘いに乗り、食事の約束をしてしまいます。

BL式部
BL式部
フォローすると、千紘は嘘でもいいから誰かに愛されたいだけなんですヨネ…。

その事を知ってしまったケイトは無言で嫉妬。乱暴に千紘を抱いて「動くオ●ホだな」と、千紘を罵ります。
そして約束の食事の日、嫉妬にかられたケイトは千紘とダメンズを偵察。んで ダメンズの誘いにイエスマンになって、ホテルに行こうとする千紘の頭にビールをぶっかけます。正気に戻った千紘は、ダメンズと決別してケイトと帰宅します。

『ep.05』ケイトの瞳が真っ黒な理由

ケイトの瞳が真っ黒になったワケが納得できる、壮絶な過去話――。母親に捨てられたケイトは、未●年専属の風俗で働くことに。でもそこは地獄。NGナシのプレイを強要され、ケイトはあの世に逝きかけます。
けど数年後なんとか這い出して、現在の風俗スカウトの仕事に就いたケイト。しかしある日、ヤク中でウリをしている女を、大好きだった母だと勘違い。それ以降、毎週のようにお母さん(仮)に仕送りを渡しています。

BL式部
BL式部
『ep.03』で登場したケイトの母は、本当のお母さんじゃなかったんですね…。これはツライ。

こうして回想が終わり、千紘と散歩していたケイトは、道端で野垂れタヒにしているお母さん(仮)を発見…。ケイトの瞳がまた真っ暗になります。

『ep.06』愛する人と生きたい…!!

お母さん(仮)が亡くなってから、食事も取らずふさぎ込んでしまったケイト。千紘はケイトの代わりにバイトを始めますが、そこで勘当された家族に再会。しかしクズ呼ばわりされた千紘は、存在価値すべてを否定されたような気になります。
昔も今も、普通の幸せが欲しかっただけだった千紘は涙。ケイトに会いにアパートに帰ります。するとちょっと復活したケイトがいて、安心した千紘は「どっか遊びに行こう」と、ケイトを夜の街に誘います。
そして嫌なことを全部忘れられるくらい、夜通し遊んだふたり。「タヒにたい」と縋ってくるケイトに、千紘は心中する決意を固めます。
こうして踏切の線路に横たわるケイトの横に、千紘も同じく横たわります。しかしその悔いのない千紘の顔を見たケイトは、列車が来る前に急いで千紘を連れてその場から離脱。ふたりは助かります。
そして「千紘といると幸せになれるかもしれないって期待してしまう」と言って泣くケイトに、千紘は「一緒にいてよ」と返事をするのでした。

『[描き下ろし]favorite of』

恋人同士になったケイトと千紘。千紘はケイトの好きなものを色々聞き出そうとしますが…。一番好きなものは千紘だったようですね。

まとめ

おげれつ先生が、またまたBLでイケるとこギリギリ責めてきました…。読むうちに感覚がマヒしてきますが、エグいほどヒドい世界です。救いは無いです。
ともあれ最後は、ケイトが千紘のおかげで生きることを選んでよかったです。そしてクズヒモ男だった千紘が、実はピュアだったことが胸キュンポイントでした。

気になるBLがきっと見つかる