コミックス

憂鬱な朝(6巻)【ネタバレ感想】日高ショーコ

憂鬱な朝【ネタバレ感想】日高ショーコ
あらすじ

森山侯の夜会で久世家の次期当主を直継とし、自らは隠居すると世間に発表した久世暁人(くぜあきひと)。
しかし暁人は密かに直継とある約束を交わし、桂木智之(かつらぎともゆき)の企て通りに動かなかった。
意気消沈する桂木は、その一件から自分の中で何かが変わったことを感じ…!?

著者 日高ショーコ
レーベル Charaコミックス
出版社 徳間書店(Chara)

試し読みあり

 

下記よりネタバレあり。ご注意ください。

全体評価

物語
絵柄
助平

カップリング

脱・童貞で覚醒した子爵、久世暁人(18)×腹黒美人、桂木智之(29)

ネタバレ感想

『憂鬱な朝(5巻)』の感想はコチラ。

憂鬱な朝【ネタバレ感想】日高ショーコ
憂鬱な朝(5巻)【ネタバレ感想】日高ショーコ ついに桂木智之(かつらぎともゆき)に「好きです」と告白された久世暁人(くぜあきひと)。 突然の告白で嬉しさのあまり...

『scene.28』肝心なことは話さないふたり

先日の森山侯の夜会で、暁人は自分の信じる道を選び、桂木の思惑通りに動きませんでした。
そう回想する桂木が目覚めたのは、偽造隠居生活をおくる暁人のベッドの上。
あの夜会での一件以降も暁人と桂木の身体の関係は続いますが、下半身は繋がっても心は離れたまま。
分かり合えないと知っているからこそ、互いの思惑を詮索しないようにするふたり。
でも暁人なりに、久世家を良い方向に持って行けるよう計画を始めている模様。
一方の桂木は『scene.16』で石崎家の大番頭となり、石崎パパにこき使われつつ暁人のためにと働きます。
その合間を縫って、偽造隠居生活中の暁人のホテルに通う桂木なのでした。

『scene.29』石崎パパの久世家コンプレックス

『scene.27』の夜会後、暁人は石崎パパと今後の久世家について話すうち、石崎パパが久世家に何やら含むことがあることを見抜きます。
以上でさっさと回想終了して、暁人滞在中のホテルでの桂木との絡みシーン。
言葉が通じない穴埋めからか、深く求め合うふたり。ちなみに洋服の下はふんどしという斬新なスタイル。最高かよ!
桂木元男娼(仮)はベッドでもやたら主導権を握りたがるところがカワイイのなんの。
情事後いつもそそくさと帰る桂木を見送った暁人は、石崎パパから桂木を奪還しようと決意します。byフルチン

『scene.30』桂木の脅威の御察し能力

桂木が帰った先はもちろん石崎邸。
マブダチ・石崎の教育係も兼任している桂木は、石崎の色恋に口を出します。
芸者との恋を止め、縁談を進める桂木に噛み付いた石崎ですが、いつもと違う桂木のしおらしさにビックリ。
自分らしくないことは桂木も自覚していますが、暁人を愛することで弱くなっていく自分が心底イヤな桂木。
「もう暁人と争いたくないから…」と、暁人の英国留学を察しつつ口を閉ざす桂木。
一方暁人は、『scene.27』で発表した石崎パパと手を組んで始める事業で、久世家を安泰なものにさせようと奔走。
着実にパワーアップしている暁人は、『scene.22』での英国留学の話を進め、準備に入っています。

『scene.31』デレそうになると仕事に逃げる桂木

暁人滞在中のホテルでの情事後。
いつもと様子が違う桂木は、暁人からの溢れんばかりの愛情にさらに心が揺さぶられます。
こうした自分を忘れるべく仕事に打ち込む桂木、大番頭の仕事の延長で工場経営に携わります。
以外にもその仕事で今までになかったやりがいを感じた桂木。
一方、鎌倉で引きこもり→英国留学のコースで出立予定の暁人は、久世邸で荷物をまとめます。

『scene.32』新しい道を切り開く暁人

久世家の元書生・現在は家令の雨宮は、『scene.13』で書物(畜妾届)を見つけた蔵で何やら探し物。
そこで雨宮は、先月 暁人と共に久世家の領地に視察に行ったことを思い返します。
領地に着くと暁人は、石崎パパと手を組んで始める鉄道事業でたとえ領地が潤ったとしても、産業を興す人材がいないと話します。
続けて、いずれ石崎パパに久世家の全てを奪われることを見越した暁人は、雨宮に優秀な学生を集めるよう指示します。
雨宮の回想が終わり、その蔵にマブダチ・石崎登場。
暁人出立前にちゃんと桂木と話を付けさせようと、雨宮&石崎は愛のキューピット作戦を実行。
工場経営の仕事にまい進する桂木に、暁人が病気になったと嘘をつく石崎。ナイス!
暁人のこととなると冷静さを失う桂木は久世邸にすっ飛んでいき、めっちゃ元気な暁人とご対面。
覚悟を決めた暁人は、桂木をまっすぐ見つめ「一緒に鎌倉に行こう」と口にします。

BL式部
BL式部
あっ、最後に石崎パパが桂木にブチギレしてます。

『scene.33』身体はデレても心はデレない桂木

桂木と話がしたいから、一緒に鎌倉に行ってほしいと語る暁人。
そして正直に英国に留学することを話す暁人に対し、桂木は全てを受け入れますが暁人と離れることを決意…。
自分の不器用さにほとほと嫌になる桂木は久世邸をあとに…とその時、暁人が呼び止めます。
暁人は「この先また意見が食い違って分かり合えなくても、この手を離さない」と桂木にキッス。
またトロントロンにされた桂木は暁人と超ロングキッス(計7P)。あんまり長いんで暁人がオッキしちゃいます。
ソレを鎮めるため、という理由を付けて桂木は久世邸にお泊りすることに。
イチャラブしている最中も暁人の荷造りが目に入ってしまい、寂しくて甘える桂木。激カワ…。
さらに桂木は、暁人の熱を忘れないために上の口にも、下の口にも暁人をくわえこみます。
情事後、彼シャツ姿の桂木は、暁人と一緒に鎌倉には行かないことを伝えます…。
一方『scene.32』に続き、家令・雨宮は蔵で探し物。桂木の出生のさらなる謎に挑みます。ガンバレ名探偵・雨宮!
そこにまたまたマブダチ・石崎が登場し、石崎パパが桂木に激おこだと伝えに来ます。

『あとがき』

先生の萌えに激しく同感でございます。

まとめ

読み進めるうちにマブダチ・石崎にはぜひ幸せになってほしいと思います。

試し読みあり

気になるBLがきっと見つかる