[雑誌・配信]最新話

カリギュラの恋 サイドマスター(リンクス2022年5月号・最新話)【ネタバレ感想】みちのくアタミ

カリギュラの恋【ネタバレ感想】みちのくアタミ
あらすじ

SMクラブに通っていた成瀬誠(なるせまこと)は、名門校への赴任をきっかけにクラブを退会。しかし受け持ちクラスの中に、あのSMクラブにいた最愛のご主人様・堂山清高(どうやまきよたか)が!
理性を保てなくなった成瀬は教師と生徒という関係ながら堂山とカラダを繋げ、二人はいつしか想いを通わせパートナーになる。サイドマスター編では、二人のその後を描く。

著者 みちのくアタミ
掲載雑誌 リンクス 2022年 5月号
出版社 幻冬舎

詳細はコチラから

 

下記よりネタバレあり。ご注意ください。

全体評価

物語
絵柄
助平

カップリング

スパダリ大学生(ご主人様)・堂山清高ドエム教師(犬)・成瀬誠

ネタバレ感想『4』

『カリギュラの恋』が大人気すぎて、続編・サイドマスター編がスタート。ドエスご主人様・堂山視点の愛犬弱愛ライフ、第四話!第一話~第三話の詳細はコチラからご覧いただけます。

カリギュラの恋【ネタバレ感想】みちのくアタミ
カリギュラの恋 サイドマスター(リンクス2021年11月号・最新話)【ネタバレ感想】みちのくアタミ SMクラブに通っていた成瀬誠(なるせまこと)は、名門校への赴任をきっかけにクラブを退会。しかし受け持ちクラスの中に、...
カリギュラの恋【ネタバレ感想】みちのくアタミ
カリギュラの恋 サイドマスター(リンクス2022年1月号・最新話)【ネタバレ感想】みちのくアタミ SMクラブに通っていた成瀬誠(なるせまこと)は、名門校への赴任をきっかけにクラブを退会。しかし受け持ちクラスの中に、...
カリギュラの恋【ネタバレ感想】みちのくアタミ
カリギュラの恋 サイドマスター(リンクス2022年3月号・最新話)【ネタバレ感想】みちのくアタミ SMクラブに通っていた成瀬誠(なるせまこと)は、名門校への赴任をきっかけにクラブを退会。しかし受け持ちクラスの中に、...

噂のぶっ飛びSM系BL『カリギュラの恋(1巻)』の詳細は、コチラからどうぞ。

カリギュラの恋【ネタバレ感想】みちのくアタミ
カリギュラの恋【ネタバレ感想】みちのくアタミ 密かにSMクラブ通いをする成瀬誠(なるせまこと)は、高校教師を志す隠れドエム。夜ごと美しくも残酷な“ご主人様”にいた...

堂山に会いたくてSMクラブに行く成瀬

堂山(どうやま)が、成瀬(なるせ)と距離を置いてしばらく。堂山と会って仲直りしたい成瀬は、堂山と出会った例のSMクラブを訪問することにします。
すると出迎えてくれたのは、堂山の叔父でありSMクラブのオーナーでもある光高(みつたか)氏。成瀬を事務室に案内して、堂山となにがあったのかを成瀬から訊き出します。
成瀬から一通り事情を聴いた光高氏からのアドバイスは「堂山も成瀬も全力でお互いに恋してるから、早く元サヤに戻れ(要約)」というもの(笑)感動した成瀬は急いで堂山に会いに行こうと、SMクラブから出ようとします。

BL式部
BL式部
ちなみにこの時 恋のキューピットの光高氏が堂山に、成瀬がSMクラブに来たことをちゃ~んと連絡してます。

成瀬に会えなくてヘコむ堂山

一方 堂山はしばらく成瀬と連絡をとっていないせいで、「退屈だ」とモヤモヤした日々。久しぶりに家に帰ってきたセレブ父親に、成瀬との事を相談します。
そしたら堂山父は「感情のコントロールができないほど愛してるなら、さっさと捕まえろ」と、堂山にアドバイス。恋に悩む息子の背中を押してやります。
成瀬をいかに愛してるか再確認した堂山は、光高氏から成瀬がSMクラブに来たと連絡をもらい急いで向かいます。

堂山に負かされた小野田、エムに転身?

SMクラブでは帰ろうとしていた成瀬と、今回のイザコザの発端となった教育実習生・小野田(おのだ)がバッタリ遭遇。まさか純粋そうだった小野田が、SMクラブの会員になるほどの隠れエスだったことが分かり、成瀬は動揺します。
それと同時に、これまで小野田の隠れた顔をなにも知らないで堂山を責めていたことを思い出した成瀬は自分が情けなくなります。そんな弱る成瀬に小野田がちょっかいを出そうとしたとき、堂山がSMクラブに到着。
堂山は小野田をけん制して、成瀬を連れてSMクラブの個室に入ります。食って掛かろうとした小野田ですが、光高氏のドエスさに怯んでしまい断念。光高氏の超ド級のドエスに、頬を赤らめます。

成瀬の本気腰フリご奉仕タイム!!

成瀬を個室に連れ込んだ堂山は、「オレ以外の男に興味を持つな!お前の主はオレだ!」と、正直に嫉妬していたことを話します。堂山の本心が聴けた成瀬は嬉しくて堂山にキス、わだかまりが解消します。
そしてココはSMクラブの個室なんでヤることは一つ!!成瀬は全力奉仕で、横たわって動かない堂山のために腰を振ります。そりゃもう全力で、最後までひとりで腰フリ運動。
フィニッシュ後、疲れて寝てしまった成瀬に優しくキスをする堂山は「一生、オレのものでいろ」と、囁くのでした。

まさにこんなサクラが舞う感じで、幸せ絶頂なふたりです。

まとめ

今回で最終回なだけあって、成瀬の腰フリがプロレベルに上達してましたね。普通受けが騎●位でピス●ンしてたら腰フリが物足りなくて、攻めが途中で動いてフィニッシュ!っていうパターンなんですが、成瀬は最後までひとりで完遂(笑)
中途半端じゃなくてガチな誘い受けが見たい方はぜひ。必見です。
個人的にエムに転身したであろう小野田くんが、光高氏に攻められている番外編が読みたいです。

詳細はコチラから

お気に入りのBLがきっと見つかる