コミックス

BlueMoon,Blue ~between the sheets~【ネタバレ感想】橋本あおい

between the sheets【ネタバレ感想】橋本あおい
あらすじ

眉目秀麗なバーテンダー・青葉高史(あおばたかふみ)は、店の常連客である外資系ホテル社長・一瀬雅峰(いちせまさみね)と密かに付き合っている。
しかし恋人同士になって、一瀬との住む世界の違いに気付いてしまった高史は――?
駆け引きがたまらない大人BLロマンス、シリーズ二作目。

 

 

著者 橋本あおい
レーベル Dear+コミックス
出版社 新書館

試し読みあり

 

下記よりネタバレあり。ご注意ください。

全体評価

物語
絵柄
助平

カップリング

ポジティブスパダリ社長・一瀬雅峰ツンデレ女王様バーテンダー・青葉高史

ネタバレ感想

『between the sheets』の続編!恋人同士になった一瀬と高史の甘~いラブロマンス。

between the sheets【ネタバレ感想】橋本あおい
between the sheets【ネタバレ感想】橋本あおい 眉目秀麗なバーテンダー・青葉高史(あおばたかふみ)目当てに、今宵も店は大繁盛。 でもどんな客に言い寄られても、高史...

『COCKTAIL 1』スパダリについていけない高史

密かに付き合っているバーテンダー・青葉高史(あおばたかふみ)に「between the sheetsをもらおうか」と、カクテルを注文する一瀬雅峰(いちせまさみね)。
なにやらこの注文がふたりの夜が始まる合図のようでバー閉店後、ホテルで激しく絡み合います。ちなみに二作目になっても高史の色気は増す一方で、相変わらず舌はペコちゃんスタイルです。

そしてドエ●な絡みシーンのあと、ホテル社長でもある一瀬は高史をヘッドハンティング。自分の経営する一流ホテルに「バーテンとして来てほしい」と持ち掛けます。
しかし高史の返事は「ノー」。そんな公私混同のような誘いは嫌だと言ってお断りします。そして帰宅した高史は「一瀬の考え方についていけないかも…」と、感じてしまいます。

『COCKTAIL 2』スパダリなりの嫉妬

そんなある日、高史が任されているバーのオーナー登場。甥っ子の宏大(こうだい)という大学生を「バイトさせてやってくれ」と、高史に頼みます。
ただこの宏大くん、ど~みても高史ラブ(笑)将来自分の店を持って、高史をヘッドハンティングしたいと夢見てます。
一方 高史は宏大がバイトから上がったあと、一瀬を店に連れ込んでイチャイチャ。「正直、宏大くんのことを嫉妬してほしかった」と、一瀬に本音を言います。
するとそのタイミングで宏大から「これから店に忘れ物を取りに戻ります」と連絡が!焦る高史ですが、ここで一瀬の我慢していた嫉妬が爆発。
ワザと高史に熱烈キッスをして色気ムンムン状態にさせて、宏大を出迎えさせます。しかもその直後、一瀬も姿を見せて“俺たち付き合ってるから”アピールをして宏大をけん制します。

『COCKTAIL 3』素直になれないツンデレ女王様

ショックを受ける宏大に、一瀬さんと付き合ってることを説明する高史。でも嫉妬をした一瀬に対しては素直になれず「嫉妬イベントとか言って楽しんでるんでしょう」と、茶化してしまいます…。
そして翌日、もうショックから立ち直った宏大は「一瀬さんと別れて、俺と付き合いましょう」と、若さ溢れるパワーで高史にアプローチ。タジタジになる高史ですが、改めて一瀬の好きなところを思い返します。
頭の中が一瀬でいっぱいになった高史は、急に一瀬が恋しくなり自家発電開始。尻をフル活用してフィニッシュします。

『COCKTAIL 4』住む世界が違うふたり

一瀬に嫉妬イベントだと言って茶化してから一ヶ月。一瀬の仕事が忙しく会えない日々が続く高史は、ツンツンしていたことを後悔します。
その頃 一瀬も高史に本気になりすぎて、スパダリらしからぬ嫉妬をしてしまったことに反省モード。それを相談された一瀬の秘書は気を利かせて、高史を一瀬が主催するパーティーのバーテンとして呼び寄せます。
高史も「一日だけのパーティーなら…」と、一瀬の経営するホテルで腕を振るうことに。
ところが初めて一瀬の取り巻くセレブ~な世界を目の当たりにした高史…。せっかく一ヶ月ぶりに一瀬と再会しても、どこか素っ気ない態度をとってしまいます。

BL式部
BL式部
とは言っても、去り際の一瀬にラブい視線をおくる高史…。とんだ意地っ張りさん。

『COCKTAIL 5』ツンデレ女王様、二度目の陥落

それから後日、高史のバーを訪れた一瀬。これまでのギクシャクした仲を修復しようとしますが、宏大に口説かれてる高史を見てまた嫉妬してしまい…。
「ちょっと離れて考えたい」と、言い残して高史のもとから去ります。残された高史は、それから悶々と恋しい一瀬のことばかり考える日々を過ごします。
でもそれも限界がきたのか、数日後 高史は雨の中、傘もささずに一瀬の経営するホテルへ。一瀬に会いたい一心で、ずぶ濡れになってでも一瀬のもとに向かいます。
一瀬も純粋に会いにきてくれた高史の気持ちが嬉しくて、即ベッドイン!一ヶ月以上ぶりに合体する前に、高史に自分で尻を広げる準備をさせて楽しみます。
こうして一瀬の下半身のカクテルを目一杯注ぎこまれた高史。それでもまだ宏大との仲を嫉妬してくる一瀬を、つい可愛いと思うのでした。

『_XYZ.』

ホテルでずっと絡みのターン。ノーマルプレイがお好みの高史ですが、そのエ●さから十分 百戦錬磨の一瀬を虜にできています。

『ドラマCDアフレコレポートマンガ』

前作『between the sheets』のドラマCDのアフレコ現場マンガ。絡みシーンで作者の橋本先生ですらこんなに恥ずかしがるくらいですから、読者の筆者が聴いたら間違いなく即死です(笑)

 『あとがき』

え、こっちの続編もドラマCDになるんですか!!??

まとめ

これにて『between the sheets』シリーズは終了。上品な絵なのにエ●度高めというギャップが良きでした。
そしてどうしてこうも橋本先生の絵は卑猥なのか考えてみたところ、受けキャラの下の毛が剛毛だからだと結論が出ました(※個人の感想です)。

試し読みあり

気になるBLがきっと見つかる